神奈川県では、平成12年から、「障害者ケアマネジメント従事者養成・現任研修」を開催し、相談支援の要となるケアマネジメント従事者を多く養成してきました。

平成18年には、この研修を支えてきた官民の演習講師等が中心となって、ケアマネジメント従事者の専門知識。資質の向上及び情報交換等を図ることを 目的とした「かながわ障がいケアマネジメント従事者ネットワーク」を発足し、相談支援力を高めるために、研修活動や情報交換の場の提供といった活動を行っ ています。

NPO法人「かながわ障がいケアマネジメント従事者ネットワーク」は、障がいのある市民が、地域で自立した生活を送る上で有効なケアマネジメントの 手法を広く地域に提供することを目指し、官民が協働して互いのノウハウ等を提供していくことを基本としながら、ケアマネジメント・相談支援に従事するもの 等の専門性の向上を図り、地域力を高めるため活動を積極的に行うことを事業の目的としています。